一般廃棄物許可

一般廃棄物とは?

■一般廃棄物とは?

廃棄物には、「産業廃棄物」と「一般廃棄物」があります。「産業廃棄物」は事業活動に伴って発生した廃棄物のうち、法令で定める20種類をいいます。それ以外の廃棄物が「一般廃棄物」とされています。一番分かりやすいものが、家庭廃棄物といわれる家庭ごみです。
なお、事業活動に伴って発生した廃棄物であっても、産業廃棄物に該当しないものは、一般廃棄物となります。事業系一般廃棄物といわれるもので、事務所などから排出される紙類、レストランなど飲食店舗から排出される生ごみなどが該当します。
また、一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものとして政令で定めるものを特別管理一般廃棄物といいます。

■一般廃棄物の処理
「産業廃棄物」は、それを発生させた事業者に処理責任がありますが、「一般廃棄物」は、原則として市町村に処理責任があります。一般廃棄物の収集・運搬及び処分は、市町村自ら処理することが原則です。ただし、市町村で行うことが困難な場合は、市町村長は一定の要件を満たした業者に一般廃棄物処理業の許可を与え、委託することができます。

■当事務所のサポートについて
一般廃棄物の収集運搬または処分業の許可を受けようとする場合は、一般廃棄物処理業新規許可申請が必要です。また、一般廃棄物処理業の許可は、2年ごとに更新許可申請をしなければ失効します。当事務所では、業務が忙しくて、ご自身で手続きをすることが困難な方のために、一般廃棄物の新規許可申請や更新許可申請の代行手続きを行います。代行申請をお考えの方は、ご相談下さい。

一般廃棄物の種類

一般廃棄物

■家庭廃棄物

種類
具体例
可燃ごみ 炊事仕事で生じた、残飯等の生ごみ、ちり紙・新聞・雑誌等の紙くず、庭木の剪定で生じた木くず、衣類等
不燃ごみ 食器・窓等のガラス、食器・花瓶等の陶磁器、なべ・フライパン等の金属、ペットボトル等のプラスチック等
粗大ごみ 大型の電化製品(家電4品目を除く)、タンス・食器棚等の家具類、自転車等、通常の収集では大きすぎて対応できないもの
家電4品目 洗濯機、エアコン、テレビ、冷蔵庫
パソコン パソコン及び周辺機器
自動車 自動車
有害ごみ 乾電池、蛍光灯、体温計等の有害物質が含まれるごみ

■事業系一般廃棄物
種類
具体例
可燃ごみ 生ごみ、紙くず(産業廃棄物以外のもの)、木くず(産業廃棄物以外のもの)
粗大ごみ 大型の食器棚・机等、通常の収集では大きすぎて対応できないもののうち、木製のもの(金属製、プラスチック製のものは産業廃棄物)


特別管理一般廃棄物

種類
具体例
PCBを使用した部品 廃エアコン、廃テレビ、廃電子レンジから取り出されたPCB使用部品
ばいじん ごみ処理施設の集じん施設で集められたばいじん
ダイオキシン類含有物 特定施設である廃棄物焼却施設から生じたもので、ダイオキシン類を3ng/g以上含有するばいじん、燃え殻、汚泥
感染性
一般廃棄物
医療機関等から排出される、血液の付着したガーゼなどの、感染性病原体を含むまたはそのおそれがある一般廃棄物